世羅幸水農園

農園案内

概要

名称
農事組合法人 世羅幸水農園
ビルネ・ラーデン(直売所)
所在地
[農園事務所]
〒722-1112
広島県世羅郡世羅町本郷365-20

[ビルネ・ラーデン]
〒722-1112
広島県世羅郡世羅町本郷365-24
連絡先(農園事務所)
[農園事務所]
【TEL】0847-22-2219 
【FAX】0847-22-2203
【E-mail】
※各公的機関・視察研修・栽培管理に関するお問い合わせは農園事務所へお願いいたします

[ビルネ・ラーデン]
【TEL】0847-25-0174 
【FAX】0847-25-0176
【E-mail】
※一般のお客様からのお問い合わせは、ビルネ・ラーデンまでお願いいたします
創立年月日
昭和38年4月
組合長理事
原田 修
組合員数
19名(構成農家19戸)
家族込就業人員
女子14名/男子27名
従業員
26名
出資額
91,447,000円
面積
  • 土地面積/107.329ha
  • 果樹植栽面積/63.39ha
  • 梨栽培面積/56.61ha
  • ぶどう栽培面積/331.2a
  • いちご栽培面積/12.0a
  • その他果樹/303a

沿革

1963
昭和38年
農事組合法人 世羅幸水農園 創立
1966
昭和41年
大阪市場へ初出荷
1969
昭和44年
朝日農業賞 受賞
1970
昭和45年
大阪万国博覧会 出品
1985
昭和60年
農林水産祭 日本農林漁業振興会会長賞 受賞
1998
平成10年
なし直売交流施設 ビルネ・ラーデン 完成
1999
平成11年
ぶどう栽培 開始
2000
平成12年
いちご栽培 開始
2014
平成26年
日本農業賞 個別経営の部 大賞受賞
農林水産祭 園芸部門 天皇杯受賞

設立経緯

高度経済成長に伴い、他産業の発展により人口流出が起こり、世羅町はいっそう過疎化が深刻になった。その中で、生活できる営農を目指して本格的に世羅台地開発が計画され、昭和37年に県営開拓パイロット事業として発足し、昭和38年農家27戸により「農事組合法人 世羅幸水農園」が誕生しました。

二十世紀梨が主流の中、まだ品種登録されて間もなった新品種「幸水」を導入しました。幸水梨は、見た目は二十世紀梨より劣るものの、味がよく、無袋栽培などの省力化が可能な品種でした。その後、品種登録される「豊水」もいち早く取り入れ、大規模経営を軌道に乗せていきました。

私たちが、生産者です!

私たちが、世羅幸水農園の構成員、従業員です。
皆様に「おいしい」と言っていただける果実ができるよう、日々頑張っています。
(※写真は、農園の後継者育成事業で組合員の子供さん達と一緒に焼肉を楽しんだ時の写真です。)

アクセスマップ

[農園事務所]

[ビルネ・ラーデン]

山陽自動車道から車で
河内ICからフライトロード経由で35分
尾道JCTから尾道自動車道を通り世羅ICから10分
中国自動車道から車で
三次ICから国道184号線で35分