世羅幸水農園

農園スタッフブログ

2014年4月10日|苺(いちご)

いちごハウスの管理って...

皆さん、こんにちは。\(^o^)/

天気が良くて、気温も高めに推移しており、
農園のあちこちで開花が始まっています。

このままいくと、今年の果物の出来は、よくなりそうですよ~。(^^♪

好天に恵まれていますので、いちごも順調に育ち、
いちご狩りも連日満員で、お断りしているケースもあります。(^_^;)

そのいちごの栽培ですが、前回は「土耕栽培」のお話しをしました。

今回は「ハウス自体の管理」についてお話しします。


いちごの栽培に大事なのは「土、水」はもちろん
「温度、光」もとても重要です。

そのため、温度に関してはボイラーを焚いて調節していますが、
寒冷期には「気泡緩衝材(いわゆるプチプチ)」をビニールハウスの周りに貼って、
さらに気温が下がらないようにしています。

全面に貼ることはありませんが、地上から1メートルあたりまでは覆い尽くして、
気温が下がり過ぎないように対処しています。地面から寒さがきますからね。(^_^;)

また、太陽も温度に関係してきますので、
日の出具合を見ながら温度調節をしています。


太陽はもう一つの役割があります。

それは「いちごの色づき」です。
あのいちごの「赤さ」は太陽が大きく関係しています。

「光」のあたり具合で、色づきも大きく変わりますから
実が熟していないのに太陽にあたりすぎると、色づきだけ進んで
実の熟しようが足りないケースもでてきます。(^_^;)

そのため「遮光カーテン」などをビニールハウスの上にかけて
温度調節と同時に「色づき(光)の調節」も行なっています。


ビニールハウス栽培も、時期や状況によって、
様々な対応をして、いちごを育てています。

今シーズンも残り2ヶ月程度ですが、
最後までおいしいいちごをお届けできるよう
精一杯、育てていきます。ぜひお越しくださいね。(*^。^*)


いちご狩りのご予約はこちらから

いちごの通信販売はこちらから


ビルネラーデンでもいちごを販売していますよ~。(毎日数量限定です)



それでは~。(^.^)/~~~

最新記事

葡萄(ぶどう)
【葡萄】ワイン用葡萄の収穫が完了~♪
梨(なし)
【梨】晩成梨の収穫(*´з`)
お知らせ
【お知らせ】無人草刈機のデモ実演!!

カテゴリー一覧

月別アーカイブ