世羅幸水農園

農園スタッフブログ

2018年12月14日|梨(なし)

【梨】新しい「ほ場」で、新しい「栽培方法」を導入(^_-)-☆

皆さん、こんにちはヽ(^o^)丿

すでに12月も中旬を迎えて、2018年も残りわずか2週間余りとなりましたね~。
気忙しくなる季節ですが、今年のやり残しがないように来年に向けて準備ができるといいですね(#^.^#)


世羅幸水農園も、2018年中に終わらしておきたい作業があります。
新しい畑に、新しい「梨の苗」を植え付ける作業です。

農園の販売店舗である「ビルネ・ラーデン」の裏手から少し降りたところに、農園が保有する土地があります。
以前は梨を育てていましたが、しばらくは休耕地の状態でした。

ただ、

・毎年お越しいただく「梨狩り」の場所が少し遠くて環境整備も至らなかったこと
・既に老木となってきた「梨のほ場」をやり変える必要も出てきたこと

から、休耕地を再整備(造成)して、ここを「梨狩り用の梨を栽培」することにしました(^^)v


12月11日からとりかかりました。

まず、重機で掘削(穴掘り)をしていきます。

苗の総本数は「約1,600本」です\(◎o◎)/!4トントラック1台で搬入されてきました!!

空けた穴に、手作業で一本ずつ植えていきます(@_@)
この苗は、福岡から送られてきていて「豊水、南水、あきづき」を植え込みます。

一列にまっすぐ植えていますが、ここでは「ジョイント仕立て」の栽培方法を採用しました。
栽培効率も良くなって、果実も多くできて、梨狩りも楽しく行っていただけるようになります\(^o^)/

この規模で、ジョイント栽培で梨を植栽するのは全国でもありません。


すべて手作業での植え付けですが、1日あたり12名程度で対応して、5~6日ほどかけて行います。

順調にいけば、2021年からの梨狩りでオープンできそうです(^o^)丿
ここでの梨狩りは、9月~10月中旬あたりまでの梨狩りでご利用いただく予定です♪


実は、ハウスぶどうを栽培している横では、幸水梨を植え付け済みです(^^)

農園の梨の樹も老木となってきているので、今後は新しい苗を植えて、新しい畑も造成して、新しい栽培方法で入れ替えていきます(^o^)/

農園も新たなチャレンジで、試行錯誤しながら栽培していきます!

今後の農園にご期待くださいね(^^ゞ



それでは~(^.^)/~~~

最新記事

梨(なし)
【梨】肥大調査が始まりました(*^-゚)v
その他果樹
【その他果樹】さくらんぼの収穫+.(*'v`*)+
梨(なし)
【梨】ジベレリン添付作業、真っただ中!

カテゴリー一覧

月別アーカイブ